お手頃な住みやすさ

地方色が感じられる賃貸事情

治安という面に関して言えば文教地区として県内でも名高い太宰府市だが、この場所の特徴には先にも話したが本質は地方ということを念頭に入れておかなければならない。これはどんな例外もなく、また太宰府市ならではといったものでもなく、日本という国を尺度で測った際に見られる点だ。そんな福岡県太宰府市の住宅情報についてもう少し深く追求していくことにより見えてくるのは、地方ならではと言った住みやすさがあることだ。

都心に住むとなったらどうしても立地条件などによってはどんなに狭い部屋でも高額の賃貸料を支払わなければならない。福岡県は中心部となる街でこそ東京都新並みに発達している場所になるとどうしても賃貸価格が跳ね上がる。便利さから離れての生活は現代人には苦しい物、なるべく普段の日常生活や通勤・通学の手段が豊富な場所に住みたいと考えているのは自明の理というもの。太宰府市についても当然、駅前周辺にすれば周辺状況に則した適切な価格が設定されている。それを見て少し辛いと感じるのならどうしても駅から離れた場所での生活を視野に入れなければならない。

それが実のところ功を奏しているのが地方の良いところでもある、東京都心にもなると駅から離れていても大した金額差が生じているわけではなかったりする。都会ならではの歯がゆいところだが、そういった点もここで例としてあげている太宰府市の賃貸情報は都会人からすればお手頃価格となっている。

東京と比べようがない

あくまで平均した賃貸料金としてみてもそうだが、この太宰府市においては筆者個人の意見としてはさすがは地方といった感想を持った。というのも広さに見合っていない賃料で、本当にこれでいいのかと感じるくらいだからだ。東京都内で言えばこんなに安く借りられるところは早々ないという物件もあるため、これを見逃す手はないだろう。では間取りに即した太宰府市で賃貸されている物件の賃料平均を紹介していこう。

  • 1R:30,000円
  • 1K~1LDK:30,000円
  • 2K~2LDK:50,000円
  • 3K~3LDK:60,000円

安いの一言だ、東京都心で務めている人からすればこんなに安く借りられるのかと愕然とするだろう。筆者もそうだ、自分の居住スペースとなる住居には広すぎず、また狭すぎない所を求めたいと考えている。そうなってくると最低1K以上は欲しいと思いたいが、都心でそんな部屋を借りるとなったら立地条件にもよるがそれなりの負担を強いられることになる。それを比べたら太宰府市のこの賃料に一瞬惹かれなくもない。ただこれはあくまで平均であって、中には駅から徒歩10分以内の立地で1K・15,000円という物件もあるくらいだ。

もし福岡でほんとうに暮らすことになったら少しは考えてもいいかもしれない。

周辺に住んでいる世帯層

この賃料に惹かれてそれは若い人たちが暮らしていると考える人、はさすがにいないかもしれない。この安さも地方ならではとなっている。現代の日本における地方がどのような財政状況なのかは、日頃のニュースなどを閲覧していれば薄っすらと見えてくるもの。この大宰府市にしてもそう、この市で主に住んでいる年代や家族構成を見ると、この街の現実を目視できると思う。

では少しその辺りのことも見てみよう。

太宰府市に居住している年齢層

  • 10代:18.8%
  • 20代:12.6%
  • 30代:15.4%
  • 40~60代:53%

家族構成状況

  • シングル:19.8%
  • DINKS:30.4%
  • ファミリー:33.8%
  • シルバー:16%

シングル世帯にはそれなりに住みにくい、かもしれない

賃料や周辺環境のことを考えるとこの辺一帯は基本、住宅街として機能している。つまり元から住んでいる人たちが基本的に街を闊歩している状況となっているため、意外と違うところから転居してきた人にとっては居心地としてはあまり良いとは言えないかもしれない。

ただ幸い、治安や周辺の状況を考えるとそこまで悪評が立っていないため住みやすさについてはある程度安心していいといえる街だ。

福岡に住むならここがオススメ!