最後に知りたい、久留米市

田舎の印象が根強い

最後に紹介する、福岡市の中で住むならこの地域がオススメなのが『福岡県久留米市』についてだ。久留米市は福岡県の中心部から地理的に見てもかなり離れており、先に紹介した太宰府市や宗像市、朝倉市とはまた打って変わっての田舎という印象を持つ人が多いと思う。その固定観念はおおよそ間違っていない、田舎を無理に都会などと表現するのは適切ではない。断言するのは失礼と思う人もいるかもしれないが、ただその分だけ田舎だからこその良さがある街並みになっているのも、1つの街としての印象として表現できる。

久留米市といえば色々とゆかりはあるが、何と言っても豚骨ラーメン発祥の地というのは大きいだろう。豚骨味は福岡の人にとって故郷を思い出す味としても有名で、発祥の地だからこそ味わってみたいとラーメン好きにはたまらないものでもある。また久留米市は温泉などの観光地とも名所となっている。温泉があるなら居住してみるのも悪くはないと考える人もいるはずだろう。無論毎日入ろうと思って入れるものではないが、典型的な田舎町と思って訪れるのもいいがあえて住んで見るという選択肢を取ってみるといいかもしれない。

久留米市の住居情報

では具体的に久留米市に住むとなった場合について考えていくと、何度も連続しているため既に察していると思うが賃貸について少し考察してみる。福岡市や博多市といった県内における都市部からだいぶ離れたところに位置している久留米市だが、色々と見てみると田舎町というくらいだからそれなりに手頃だろうと考えられなくもないが、やはり名前が全国的に知られているような名所がある分だけ色々と違っている。

  • 1R:30,000円
  • 1K~1LDK:40,000円
  • 2K~2LDK:50,000円
  • 3K~3LDK:60,000円

賃料の相場平均が綺麗に並んでいるのが少し面白いところだが、それはともかくとして見てみると太宰府市の相場に近いところがある。特に3K以上の間取りについては平均が一致している点も興味深いところだ。どうして田舎町でまだ都会よりの大宰府と同じ賃料なのかは、みな考える点が同じということだろう。

久留米市はそこまで認知されていないと考えられているかもしれないが、知る人ぞ知る観光名所という見方もできる。特に温泉という響きに弱い人はなおのこと、観光としても訪れたいと考えている人もいるだろうが、中には手軽に利用できるよう住んでしまったほうが早いと感じるものだ。一番最初に紹介した何処に住みたいのか、またその理由についてのアンケートを見てもどう考えても利己的視点から見た地域に対する偏見で決めているものばかりだ。

もちろんだが、そういった偏見で何処に住むかを考えてしまうと後悔先に立たずな状況に追い詰められてしまうのを忘れずに。

住んでいる人たちの状況

では次に久留米市にはどんな人達が住んでいるのかを見ていこう。

年齢層状況

  • 10代:20%
  • 20代:12.4%
  • 30代:14.2%
  • 40~60代:53.5%

家族構成状況

  • シングル:20.7%
  • DINKS:25.8%
  • ファミリー:37.7%
  • シルバー:15.8%

若い人たちが意外と多く住んでいる

先に紹介した市と比べてみると、久留米市は決して都会とは言いづらいがそれでも住んでいる人たちの傾向を見ると、年配層ではなく働き盛りの人たちが中心的に住んでいるような印象も見られる。無論高齢者が増えつつある状況も問題視しなければならない部分もあるが、他の市と比べたらまだ人口という側面ではそれほど問題に挙げるべき点ではないかもしれない。

福岡に住むならここがオススメ!