誘致している、宗像市

地方ならではの悩み

福岡県は九州地方の中でも発展した都会だという人もいるが、それはあくまで中心部においてだ。東京にしてもそうだが、都市機能が集中しているところになるほど様々な商業施設が建築されるもの、それはどんな場合においても街の中心が一番発展していなければならない。そしてその街に似合うよう都市開発を進行させなくてはいけないのだが、現実は思い通りには行かないもの。そのため都市部から少し離れた地域は中心部はそれなりに開発は進むものの、それ以外は意外と多いしがらみによって中々叶わないものだ。次に話すのもそんな地域だが、元々この街はベットタウンとして知られているスポットとしても地元住民には知られている『宗像市』について話をしていこう。

この街もまた元からこの周辺に住んでいる人たちで構成されているため、外部の人間はいざ何も事情を知らないで入居するにはかなり勇気がいる。その辺の所を把握していると断然住みやすくなるので、考えてみるのも悪くはない。この宗像市も新しく住みたいと希望している人は積極的に迎え入れる姿勢を示している。

子育て世帯には嬉しい補助金制度

宗像市に関してではなく、他にも住居に関してのサービスを取り扱っている場合がある。その中には子育てをしている人たちに嬉しい『子育て世帯及び新婚世帯家賃補助制度』といったものがある。これは宗像市に新しく引っ越してきた人はもちろん、既に在住している人も対象となっている制度で民間賃貸住宅、またはUR賃貸住宅などが対象となっている。制約事項はあるが、子育てをしているとどうしても色々な諸経費を伴ってしまう場合が多く、予定の範囲内に収まらない場合が多々ある。細かい取り決めなどもあるが、それでもこの制度を十二分に活かす事もできる。

こうした取り組みも地方の人口問題や高齢化する自治体の中でいかに若者たちが長く住んで地域に永住してくれるか、と言った切なる願いが込められているのが分かる。無論全ての子育て世帯がこの制度を利用しなければならないといったルールはないにしても、子供が出来てしまったのでやむを得ずにといった人ももしかしたらいるかもしれない。

子供の存在があるとどうしても自由の時間やお金を支払うための経済力が一時的に低下してしまうこともある、共働きから夫婦どちらかが産休に入ってしまったら世帯としての収入に大きな波紋をもたらす。

地方ではあるが、商業施設が充実している

宗像市は市としての制度もそうだが、街としても近年その価値が見直され始めている。地形も福岡県の中では北九州よりに位置しており、海と山に囲まれた地形をしているため山海の幸に富んでいるという利点も重なって、この街に住もうと考えている人が近隣で増えつつあるという。それまではタダの田舎町だと決めつけられていたのかもしれないが、それもおそらく表面的な問題しか直視していなかったからこその問題といえる。

宗像市の魅力としてあげられている点には食材などもそうだが、他の魅力としてはこんなものがある。

  • 都会と田舎、両側面の特性を持っている
  • 犯罪の発生率が県内でも少ない
  • のんびりと暮らせる一方で、便利さも欠いていない

都会としての良さはもちろん、そこにあまり機械ばかりで満たされている街並みだけではなく田舎のようなのんびりとした風潮があるのも、宗像市の特徴といえる。そんな穏やかな地域のためか県内でも犯罪発生率は少ないのも印象的、子供をのびのびと育てたいと考えている人には最適な街と言える。

交通事情についても宗像市は福岡市と北九州市のほぼ中間地点に位置しているため、どちらに行くにしてもアクセスが便利となっていることも両点として考えられている。最近ではあまり雑踏とした都会で住むよりも宗像市のような場所での生活を望んている人は多いのかもしれない。

福岡に住むならここがオススメ!